マシュー・ライアン

matthew-ryan

マシュー・ライアンは暗号化及び財務モデルの技術的専門家。データの暗号化プロトコルと特に効率的因数分解のアルゴリズムによる暗号化プロトコルの脆弱性を得意とする。現在トポロジー的場の量子論を研究している。 パイソン、MATLAB、Maple and R.などをはじめとするコンピューター言語に堪能。

ハリス外国法事務弁護士事務所に勤務する前は国際コンサルティング事務所でデータマネジメントやプロセス最適化を担当。ブリストル大学で数学の修士を取り、暗号学と因数分解法を専攻。その他にも非線形動力学、位相数学、量子コンピューター及び解析学を学ぶ。

技術的経験

  • 量子テレポーテーションプロトコル発明協力者であるリチャード・ジョーサのもと、量子情報を勉強
  • 暗号系やその漸近限界を解く素早い因数分解の最先端のアルゴリズムを研究
  • 円形建築物用の様々な非線形機能を駆使し新しいフラクタルデザインを作成
  • 国際コンサルティング事務所ではクライアントである多国籍企業の膨大な財務データの分析やエラー検出を担当

3-3-3 Higashiazabu, Suite 302, Minato-ku
Tokyo 106–0044
T: +81 3 4455 7215
F: +81 3 6800 6868
Email: Matthew Ryan
map


教育履歴
ブリストル大学
数学の修士

言語
日本語 (初級)
ドイツ語 (初級)
フランス語 (初級)
英語 (母国語)

Back to Top